■松島・三陸 旅行顛末記 1日目
 ●旅行記TOP  ●1日目  ●2日目  ●3日目

最近は年に1回の開催となっております、約1年ぶりの和旅行でございます。
いつも通り募集をかけ、参加希望を出されたのべ10名(1名途中参加)での旅行になります。
参加者: 私、天夢さん、しろきつねさん、イチソさん、といちやさん、Kraadさん、緑茶さん、海人さん、Rokiさん、燕さん

今回の行き先は、今年世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の 構成要素となっているエリア4 釜石「橋野鉄鉱山」と、松島三陸沿岸地域を巡る旅となります。
今までの旅行の中では初となりますが、行程すべてがレンタカーを使用せずにマイカー分乗で巡ることになっています。

10月23日 宮城 晴れ

秋らしく青空に恵まれました。
集合場所は仙台駅東口としていたので、定時前にはマイカーで現地到着です。
昔の東北旅行で寝坊した天夢さんを含む新幹線組、遠くからマイカーで参加のといちやさんも遅れなく、全員定時前に…ってアレ?
本日出発は9名なのに、一人足りない?

足りないのはしろきつねさんで、最寄り駅から逆方向に乗ってしまい、1時間ほど遅刻するとの事( ̄ロ ̄;)
仕方ないので、道中のJR駅まで来ていただくことにして、定時到着組は旅行に出発です。

最初の目的は、海産物でお腹を満たすこと。
出発前に、海鮮丼系か松島名物カキ系のどちらがいいか相談したところ、カキ系のお店に決まりました。
自分で松島界隈を走った時に目に付いていたお店があるので、そこに行くことにしましょう。

国道45号線を東へ進みます。
多賀城市内塩釜市内で東日本大震災の写真や 映像で出てきたポイントを紹介しながら、目的のお店に到着です。

■塩竈かき小屋本店 HP

このお店はカキ食べ放題プランもありますが、全員頼んだのはカキ小屋セット(牛タン+カキフライ)です。

宮城松島名物で舌鼓です。
カキが有名なのは昨年訪問した広島ですが、ここ松島のカキも名物になっています。
広島のカキよりも小粒ですが、その分だけ味が濃いとの評価になっています。

ちなみに、カキ食べ放題になるとこんな感じの食卓になります。

※このカキ山は、許可をいただいて撮影しました。

まずは名物一つゲットというところで、お腹も満たしたので出発することにしましょう。
JR仙石線本塩釜駅で、遅れてきたしろきつねさんと合流し、次のポイントへ向かいます。

次の訪問ポイントは、駅からすぐのところにある鹽竈神社です。

■鹽竈神社 (しおがま じんじゃ) HP Wiki
鹽竈神社宮城県塩竈市にある神社で、隣接する 志波彦神社と同一境内に鎮座しています。
創建は不明ですが、西暦820年には記録として出てくるので、歴史が深い神社ではあることが間違いないようです。

ちなみに、軽巡洋艦「北上」の艦内神社という説があります。

艦これファンにとっては、訪問しておきたいスポットの一つですね。

駐車場に車を止め、参道を進みます。



今回は駐車場側から参道を通ってきましたが、麓から本殿に至る階段のほうの参道は、結構急な造りになっています。


そういえば、麓の道路沿いにはうなぎ屋がありましたっけ。
(^一^)「うなぎ奢るから、往復二回ダッシュで」
うなぎは非常に魅力的ですが、体力的に無理なのでパスでお願いします(汗)

唐門をくぐって本殿へ。

境内は広く、左宮、右宮、別宮があります。


それぞれにお参りします。

( ̄人 ̄)「今回の旅行も無事に進みますように」
(〃人〃)「北上さん…」
( ̄o ̄)「今晩のイベントで欲しいものが来ますように」


イチソさんは神様にお願いするだけではなく、ソシャゲの願い事を絵馬にまで書いています(苦笑)

各々でお守りなどを購入してから、隣接する志波彦神社へ行きます。
志波彦神社は工事中でしたが、こちらもお参りです。


参拝を済ませた後は、松島へ向かいます。
国道45号線を更に東へ進み、程なくして到着です。

■松島 松島観光協会HP Wiki
松島は、宮城県松島湾周囲の陸地と内外にある大小260余りの諸島を指します。
安芸の宮島天橋立とともに日本三景の一つに数えられ、風光明媚な観光地として知られています。

海岸目の前の駐車場に車を止め、散策することにしましょう。
最初に向かったのは、松島観光の有名スポットとなる五大堂です。

■五大堂 Wiki

五大堂は松島湾の小さな島に建つ仏堂で、創建が807年とされ、現在のお堂は慶長9年(1604年)に伊達政宗によって再建されたものとされています。

このお堂には方角にあわせて、干支がお堂の外壁に彫られています。
お堂まで来たら、顔を上げて屋根の下を見てください。

さて、次の場所へと行くことにしましょう。
五大堂の橋は木組みの造りで、5mほど下(海)がよく見えています。

( ̄ω ̄)「天夢さん、下見て下〜」
( ̄o ̄#)「止まるな〜はよ行け〜」


せっかくなので、足元見て渡りましょうよ( ̄ω ̄)←悪

次の場所ですが、伊達政宗由来の瑞巌寺か、松島周遊の観光遊覧船です。
どちらが良いのか相談の結果、観光遊覧船に乗ることになりました。
遊覧船の出航まで少し時間があるので、目の前にあったカレーパンのお店に行ってみました。

■パンセ松島店 HP

このお店は限定のカレーパン、ずんだパンの販売を行っています。

店先には、なにやら変わった張り紙が…
「ウミネコに注意。パンを持って横断歩道を渡ると獲られます。」
ほぅ…Σ( ̄▽ ̄)
カラスとかトンビとかはよく聞きますが、同じように人間の食べ物を獲りに来るヤツがいるんですね。
ウミネコもカレーパン食べるのか?

…と疑念を抱きつつ、出航時間も近づいてきたので、限定カレーパンをほお張りながら船着場に行くことにしましょう。
75%ほど食い切ったとはいえ、念のため体でパンを隠しながらウミネコを警戒しつつ横断歩道を渡っていくと…

(`・ω・´)「あぶないっ」

声をかけられて一瞬何事?と思った瞬間には、カレーパンが手元から全部消えていました。
正確に言えば、包み紙だけは綺麗に残して中身だけ( ̄д ̄)
やられた。と理解した時にはすでに犯人(犯鳥?)は居なくなっていました。
視界の外から飛来して、顔の横をかすめるギリギリを飛び込んで奪い取る妙技。御見逸れしました。

どうやら、横断歩道の陸側の建物の屋根の上から見ているようで、人間からすれば後ろ上空を警戒しないといけないようです。
もし同じような機会がありましたら、後方上空を中心に360度警戒してください。

悔しさを感じつつも、鮮やかな妙技にネタGETと思ってしまった(苦笑)


さて、気を取り直して遊覧船に乗船です。
やや風が強い中、約40分ほどのクルーズです。
写真を順を追ってご覧ください。






松島湾内をぐるっと巡ってきたところで、ちょうど日も暮れてきて、松島観光もそろそろ終わりです。
次の目的地となる、本日の宿へと向かうことにしましょう。

三陸自動車道 松島海岸ICより高速道路を利用して、温泉地として知られる秋保へ。
途中、少し渋滞がありましたが、予定時刻どおりに宿に到着しました。
本日の宿は、今回の旅行のある意味メインイベントでもある、ホテル「瑞鳳」です。

■ホテル 瑞鳳 HP

ホテル瑞鳳秋保温泉郷の中にあり、名取川のほとりに立つ大きなホテルです。
瑞鳳…名取…

何故にこの宿にしたのかは、言わずとも知れたことでしょう(苦笑)
到着時点で、宿看板でいきなり記念撮影しています。

さらには、館内の部屋名やフロア名に「竜田」「白露」がついていて、それだけで一行は盛り上がり。


※正確には「竜田」ではなく「龍田」ですが。

名前だけで盛り上がれるとは、さすがは提督の鏡ですわ(汗)

さて、宿泊の部屋はとても広く、普段泊まる宿の倍以上広いですよ…
部屋の奥には別室まであるし。

そのぶん、宿泊費は普段の2〜3倍ほどありますけどね。

ただし、ここには有線LAN、無線LAN環境はありません。
一般生活の喧騒を忘れて、のんびり非日常を過ごす場所とも言えるので、これはこれで当然なのかもしれません。
普段の旅行の基準が1泊1万円未満で、各自部屋で色々ネットをやるので、根本的にウチら向きではないことは間違いありませんが(苦笑)

さて、本日の夕食はバイキングです。
予約コース名に「きらきらイクラとズワイガニ食べ放題」と入っていたので期待していたんですが…

期待以上でした♪




コース名通り、ズワイガニ、いくらは食べ放題。
寿司やら刺身やら、点心とかマツタケご飯とか、ローストビーフにパンにピザにスイーツに…
何から何まで食べ放題とかすげぇ。
瑞鳳たまごやき…瑞鳳…瑞鳳を食べちゃうぞ♪(〃△〃)←変態

お腹を空かせたケモノ(ケダモノ?)は、次々に料理を持ってきてはもりもり食べていきます。
テーブルに空き皿置き場があっという間に出来てしまいました。

と、食事で盛り上がっている中、一人しょんぼりしているイチソさん、どうしました?
何?イベントに5万をつぎ込んで轟沈した?!
見ていて可愛そうなくらい落ち込んでいますが、食事の味分かるのでしょうか?

(;ω;)「近くにコンビニは…」

いや、それくらいにしておいたほうが…
豪勢な料理を前に勿体無い気もしますが、そっとしておきましょう。
お腹が苦しくなるくらい満腹の後は、風呂に入って各自自由時間です。

そんな自由時間は、いつもの抱き枕展開です。


今回は自分の布団ではなく、部屋の中にある小部屋一つをまるまる使っていますよ(〃ω〃)
Kraadさん、いったい夏コミで何枚購入したんですか?!

そんなわけで、深夜まで提督業にいそしんだ部屋と、早めに寝た (TVついていたりネットしてたり) 部屋で分かれて、本日の行程は終了です。
皆様、お疲れ様でした。
一日、しっかり晴れてよかったです。

今日の行程はこんな感じでした。


→2日目へ

inserted by FC2 system inserted by FC2 system